会社の工場を出荷供給海の貨物コンテナを購入

05-11-2019

海の貨物コンテナの出荷

供給海の貨物会社

需要と供給の間のこの基本的な不一致は深刻な構造的な非効率性につながると悪、すべての市場参加者に影響を与えることができます。 運賃は、揮発性のまま。 偽の予約は通常、船の総載貨重量20〜25%を占めます。 テクノロジー・プロバイダーは、より速く、より透明性の実行を作成することにより、引用、予約プロセスの非効率性に対処してきました。 しかし、我々は今、安全な容量、予測可能な料金とサービスレベルだけでなく、高乗客定員のためのキャリアの需要のためのスポット荷主の需要を満たすために、電子プラットフォーム、差別化されたサービスのための予測可能な収入と機会を期待できますか? 

出荷の需給構造の間のミスマッチも、通常のピークシーズン外に、スポット市場の歪みを悪化させます。 

状況は複雑です。 海上キャリアの船の調達やネットワーク計画活動は、貿易・サービス・モデルへの長期安定性をもたらすために、これに基づき、効率的なサプライチェーンを計画することを目指しています。 船が配備された後しかし、需要の変化に対応するために、供給を調整するための海上輸送会社のための唯一のオプションは難しく、多くの場合、次善のです、船のポート時間またはポートの回転を調整航海をキャンセル、または極端な場合には、 完全な文字列を取り出すための船を停泊。 

2008年9月には出荷のためにも重要で、別の理由があった:それは大きなタンカーの価格は、原油200万バレルを運ぶことができるVLCC、の容器は、今日の高価格に達していた最後の時間でした。 VLCCの金利は、業界が実際に(リーマン)レベル-リーマンを事前に戻ったことが最近ではあまり上昇しています。 

原油タンカーを覆うバルト汚染タンカー指数((バルト汚れ)が、10月10日に1561年に別の119ポイント上昇しました。 中東湾岸からアジアへの貿易ルートがはるかに高い個々の注文のコストで、間に$15.8万と$ 162000日の費用がかかると推定されています。 

海の愛によって中国からスウェーデンへの配送

海の貨物コンテナ工場

電話に出た人は通常、中国南部で忙しい空港近く貨物運送会社のキュービクルに座って疲れた従業員です。 

店員は詳細を書き留め、床から天井までの巨大なファイリングキャビネットからの書類の山を消します。 これは、出荷が確認されるまでの時間帯を横断するために電話やメールの数日かかる場合があります。 

多くの点では、アジアにおける物流があります "時間によって忘れられた土地"、女史謝シュウ偉(アイビー・ツェ)、香港の起業家は述べています。 謝Shuweiが、これは、インターネットとクラウドコンピューティングの時代に、業界をもたらすための機会であると考えています。 

収益源の両方のグループ、 "事業からの収益" そして "手数料"7月から2019年9月に、第3四半期に落ちました。 手数料は93.3億元($ 1.39百万米ドル)と40.98パーセント減の売上高は、33.4億元($ 467.55百万米ドル)と前年同期比31.59パーセントの減少となりました。 

ザ・ "投資収益" 関連会社および合弁で投資収益を含め、損益計算書上の項目も、良い見ていません。 コスコ送料開発株式会社は、第四四半期の終わりに2.866億元($ 40.9百万円)だった投資収益の49.44パーセントの低下、$ 39.2百万投資収益の絶対的低下の最終結果を報告しました。 

海飛行機で中国からアルバニアの配送

海洋コンテナ輸送を購入

2019年第3四半期には、 "売上原価" 32.7億元($ 457.56百万米ドル)と前年同期比32.35パーセントの減少となりました。 の多くの多くの開発があります。 "売上原価" 損益計算書におけるサブプロジェクト。 キーがあります "運用費用"、これは前年同期と比べて2019年9月までの3ヶ月間で38.18パーセントの減少となりました。報告期間中、当社グループの営業費用は23.8億元(US $ 339.8百万米ドル)14.7億元(US $ 205.62百万円)の絶対的削減しました。 グループはまた、前年同期と比較して、金融コストは約167430000元($ 23.42百万円)当四半期を救いました。 

脱炭素の勢いは、世界の海運業界で成長している、と海運業界が将来のゼロ炭素燃料を探している間に、大きな進展は、各輸送コンテナから実際の二酸化炭素排出量の削減に行われています。 

社会的責任コーポレート・クリーン貨物ワーキンググループ(BSR)の排出量が過去4年間で減少していることを示す最新のデータで、海上輸送企業からの二酸化炭素排出量の環境性能を測定し、報告するための主要なデータプロバイダです。 

2015年以来、コンテナ輸送の80パーセントを占める17個の主要なキャリアは、クリーン貨物の計算によれば、パーセント9.6によって容器あたりの二酸化炭素排出量が減少しています。 BSRは、きれいな貨物のメンバーは2050年までに出荷二酸化炭素の排出量を半減するIMO(IMO)の目標を達成する上で進歩を遂げてきたことを指摘しました。

海の愛によって中国からロシアへの配送

最新の価格を取得しますか? できるだけ早く返信します(12時間以内)

個人情報保護方針